「読書」カテゴリーアーカイブ

ゼロと呼ばれた男

予定より1日延びたけど無事に帰国。

今回の中国出張のお供。

「ゼロと呼ばれた男」著:鳴海 章

相変わらず、面白い。

相変わらずと言うかこれが、初期なんかな。

トウ買ったコレは、2017年5月に初版のものだが、実は1993年に単行本が刊行されたものの、復刻版らしい。

鳴海小説の戦闘機の飛ぶ描写は特別だ。

ソ連とか出てくるものの、物語中も時代が飛び、歴史物感があって古さは全く感じない。

続編があるらしいので、入手しなくては。

本棚処分

本日はODNからのFGYへ。

ハーブソーセージ。

あー旨い!

ほっこり。

また本借りた。ありがたい。

先日本棚を処分した。

役所に電話して取りに来てもらう。

手数料は1200円でした。

マンションのゴミ捨て場まで運んだが、なかなか重くて持ち出すのに一苦労した。

おかげでリビングもスッキリしそう。

当然本も処分。

どうせ売っても二足三文だし、選りすぐりのやつは、あげようかと思う。

深海のイール

あとがきに書いてあったけど、ドイツ人は長編小説が好きらしい。

「深海のYrr(イール)」著:フランク・シェッツィング

トウが宇宙系のSFは大好きでよく読むの知ってるから、「トウ君多分これ好きやわ」っていつもの店で貸してくれたやつ。

前半は面白くないよって言ってだけど、前半から面白く読めた。

深海って面白いな!

確かに宇宙より分からない部分あるね。

お店が周年らしいので、今日は顔出そう。

牡蠣あるかなぁ。

出でよケトン体!

ココナッツオイル買ってきた。

昨日今日と朝はホット無調整豆乳にココナッツオイル溶かして飲んだ。

糖質を控えて、ココナッツオイルを取るとケトン体質になるんだとか。

ケトン体質になると、ブドウ糖ではなく脂質をエネルギーにして活動出来るようになる。

ブドウ糖は体に蓄えられないけど、脂質は蓄えられるから、ガス欠にならないんだとか。

そしてポッコリお腹も解消するという笑

だいぶ前に、インテルの長友選手がテレビでケトン体質になるための食生活をしているってテレビでやってて存在は知ってたけど、調べる事なくほったらかしてた。

オーディブルにケトン体の本あったから、聴いてみたんで早速やってみようかと。

「体が生まれ変わるケトン体食事法」

まだ全部聞いてないけど、途中、何でもかんでも病気・疾患を糖質のせいにして並べ立てるのがしつこ過ぎて、逆に超絶胡散臭くなって若干跳ばした笑

だいぶ前から糖質は取り過ぎないようにと気をつけてたんだが、ポッコリお腹などいくつかの疾患を抱えてるトウとしては、どうしたらいいんだと笑

ココナッツオイルが足りなかったんだな(´-`)笑

今日は本の影響を受けて、一杯目からの焼酎&海の油。

キケン

読みたい本が貯まって仕方ない。。

この本はサクサク読めるタイプの楽しい本。

「キケン」著:有川浩


  

楽しい懐かしい感情しかない。

なんかしたくなるな。

何しよかな。

  

日曜だけど、今日は出張で、社用車のナビで「ちびまる子ちゃん」聴きながら帰ってきた。

ここのところ、なんしかバタバタしてたし、今日は1人のんびり一杯飲みに出でてきた。

 

しばらく自炊を自制して、平日に出歩こうかとか考えている。

んで、休みは昼にガッツリ活動するとか。

高い城の男


 

今回の出張のお供は、「高い城の男」著:フィリップ・K・ディック

また、いつもの店で貸してもらった本
カバー付きで借りて、何も情報なしで読み始めたら、なんかよくわからず。
そこで裏表紙の解説読んで初めてしっくりきた。

そして、この表紙よ・・・

 

戦後のアメリカが舞台だけど、第二次世界大戦でドイツと日本が勝った後の世界を描いてる話だった。

その話の中で、第二次世界大戦でドイツと日本が負けた後の世界を描いてる本が出てくるというね。

ナチの実在した人物とか出て来るけど、あまり知らない。その辺の話とか詳しく知ってるともっと深く読めたんだろうか。
映画とか観てても思うが、登場人物に人種や宗教の特徴とか描かれててもだいたい気付かないんだな。

そこでキャラクターの紹介がされてるようなものなんだが、、、

深く観れてない。

 
1962年刊行のドイツ語を英訳したものを 日本語に翻訳したという翻訳本。

だいぶ難しい本だったわ。
易経という占いがちょくちょく出てきて、作者もこの本を書くときに易占いを使ったんだとか。

 
トウが今、易経したらなんと出るかな。

 

明日は代休。

京都帰って美味しいもの食べいこ(^ ^)