動画

2ヶ月越しの・・・

アメブロの方にアップしてた1月のメキシコ出張中の記事を、こっちにも上げた。

そして、ついでにアップしてなかった写真・動画をアップです。

ぶらぶら疲れinセントロ
のときのミュージアムでの写真。

ここの博物館、あまりにもグロいのあって、どよーんてなった。
あんまりなので、アップも自粛ぎみ。

アグアスミュージアム

アグアス壁画

ガイコツ ガイコツ鏡

グロいミュージアム メキシコ

 

疲れたときにはアイス。
ソフトクリームを、溶けたチョコにドボンと漬けて、コーティングしたヤツ。
これ日本でも食べたい。

メキシコソフトクリーム チョココーティングソフトクリーム

 

あと、ヤシの実のときの動画。

 

 

以上です。
次の海外は、しばらく無い。
7月か8月にインドかな。。

JBファンに絡まれる。

博物館を出て、特に当ても無くブラブラしようと。

そこらじゅうに観光できそうなところがあるし。

すぐ近くに広い公園ときれいな建物あったし、そこへ。

グアダラハラ グアダラハラ

で、ここでメチャあせった。
何か、行列いたし、なんだろうとカメラ向けたら、、、
囲まれた。

どうやらジャステイン・ビーバーのファンだったみたいですが。

グアラダハラ(Guadalajara)へ

1月25日(土)のこと、
休みだったので、せっかくだし観光へ行くことに。

仕事先で聞いたところ、近くにはたいした観光地は無く、南の方にグアラダハラというメキシコシティに次ぐ第2の都市があるとのこと。

GoogleMAPで確認したところ、車で2時間19分の道のり。
行けない距離ではない。

グアラダハラ

タクシーで行くとだいぶ取られそうだったし、他にいく方法ないか、ホテルで聞いたところ、バスで行けるみたい。

アグアスカリエンテスのセントロにあるバスターミナルから長距離バスが出ているとのことだったんで、朝から張り切って出発。

バスターミナルタクシーでターミナルまで行き。
難なく順調にチケット購入できた。
片道2500円くらい。

バスはメキシカンサイズで、ゆったり快適だった。

メキシコグアラダハラ メキシコ長距離バス

 快適な長距離バスの旅は、予定通り進む。
途中、数キロにわたって続く大勢の人々の列。

なんか良くわからないが、キリストの絵とか持ってる人がいたので、キリスト教の国メキシコの何かの行事の日だったのかな?

その他は、牧草地と低い木とサボテンしかなかった。。

結局、3時間かかりグアダラハラへ到着。
それから、指差し会話帳を頼りにタクシーでグアダラハラの中心部へ向かった。

指さし会話帳メキシコ

つづく、、

鈴鹿サーキット2013年7月1日

昨日のREVSPEED走行会in鈴鹿サーキットのオンボード動画。

またしても、ベストタイムの周はバッテリー切れで録画できておらず(涙)

しかたないので、2番目に良かったタイム2分46.697秒の周アップした。

 

20分×4本の走行。
1本目ベスト 2′53.212
空気圧の調整失敗し、即ズルズルに、、
ピットに入って、圧落としてたら終了してもうた。

2本目ベスト 2′47.384
空気圧は温間で2.2に設定。
進入でアンダーがきつく四苦八苦。

お昼休みに、冷やし海老天おろしうどんを食べながら、社長に相談。
フロントのキャンバーをきつくしてみることに。
ゲージないし角度はわからんが、、、

キャンバー調整

3本目ベスト 2′46.697
キャンバー調整が当たり!
タイムは極端に良くなったわけではないが、めちゃ乗りやすくなった。

4本目ベスト 2′46.504
セッティングの変更は無し。

社長には、2′45秒で走れと言われたが届かず(汗)
鈴鹿攻略は程遠い。。。。

この日、外気温見るの忘れた。
夏日ではあったが、日陰に入ればそんな暑くないくらい。

油温が厳しいと評判のBRZですが、前の日に着けた水冷オイルクーラーが効いたのか、120度ちょいまでしか上がらなかった。
水温も90度ちょいで安定してたが、トウが先にオーバーヒート。

この日に向けて、ETCとPIVOTの86&BRZ専用の追加メーター、さらにCUSCOの水冷式エンジンオイルクーラーをつけた。
レポート書こうと写真撮ったのに、放置してます。。

PC復活

BIOS画面を繰り返すの件のその後。

症状は動画の通り。

とりあえず、よくわからんので、まずはCMOSクリアをやってみた。

 CMOSクリア

コンセントを抜いて、マザーボードのボタン電池を抜いて、5分ほど待って電池を付け直し、電源を入れてみる。
繰り返しはしなくなったが、同じ画面で止まって動かない。

CMOSクリアを行っても起動しない場合は、ハードウェアの故障も考えられるらしい。



Windows.FAQより引用 =========================================
<PC が起動する仕組み>
HDD からオペレーティングシステムを起動する場合、次のようなステップが実行されています。

  1. POST (Power-on Self Test) が実行されます。
  2. BIOS がブートデバイスを検索します。
  3. 最初のブートデバイスの MBR をメモリー上にロードし、制御を渡します。 (ブートデバイスがフロッピーディスクの場合はブートセクターに制御を渡します。)
  4. MBR のブートストラップコードは、パーティションテーブルを検索し、ブート識別子がアクティブ(0x80) なパーティションのブートセクターをメモリー上にロードして制御を渡します。
  5. ブートセクターに記録されたプログラムは、OS ローダーをメモリー上にロードし、制御を渡します。(DOS/Windows の場合は IO.SYS が、Windows NT/2000 の場合は NTLDR がロードされます。)
  6. OS の起動が開始されます。

=========================================

そもそも、今回はPOSTの段階で止まってるようです。
ブートデバイスを検索に進んでないので、起動用のCDなんか入れてもたぶん同じだと思う。
マザーボードが壊れたっぽいんじゃないの(汗)

なんて思いながら、ためしに2つのHDDの接続をはずして電源を入れてみた。
するとPOST完了しブートデバイスの検索に進んだ。

ブートデバイス

どうやら、どちらかのHDDに問題があるみたい。
それもショック。。。

メインとバックアップ用のHDD、どっちがどっちかわかんなかったんで、下のHDDだけをつないで、起動してみる。

下がメインだったようで、何事も無くPOST完了しWindowsが立ち上がった。

バックアップ用のHDDに何らかの問題があってPOSTが上手く進まないことなんてあるのか?
バックアップ用も繋いで再度起動してみた。

何事も無くWindowsが立ち上がったじゃないですか。
・・・・なんだったんだ。。

ちょっとすねてたのかな?
まあ、無事になおってよかった。

 ↓ Windows正常な起動。

====== 追記======

原因解明
今度こそ解決。

POST起動しない件再発。そして解決。

チャパティ貰う野良牛

奈良公園の鹿に対抗して、ファリダバードの野良牛。

野良牛が散歩してたんで撮ってたら、お辞儀してチャパティもらってた(笑)

今日の晩御飯はルームサービスにて、バターチキンカリーとバターナンとトメェィトスープ。

あと、インド産ビール『SUPERIOR50000』。
住所がファリダバードになってるし、地ビールっちゅうことやな^^
味は、特出するところもない感じ。。

SUPERIOR50000

頼んでもないのについてきたグリーンカレーは少々雑草臭いが、バターチキンカレーはめちゃくちゃ旨い。
どこ行ってもバターチキンカレーは鉄板や!

トマトスープもメチャうまいし、頼んでもないのについてきたスパイスの効いたヨーグルト(ヨーグルトカレー?)もなかなかのアクセントになる。

カレーに入ってるターメリックには脂肪を分解し、燃焼しやすくしてくれる効果があるらしい。
今日もたらふく食べたけど、明日は今日より痩せてるよな。。。