タグ別アーカイブ: BRZ

CUSCO 86&BRZ用水冷式エンジンオイルクーラーを取り付けた

9月も半ばに入るが、まだまだ暑い。

今更だが、、、
BRZに取り付けた水冷式オイルクーラーの記事を書こうかと。
取り付けたのは、鈴鹿の走行会の直前6月30日だった。

86&BRZ用のエンジンオイルクーラーは水冷式はCUSCOともう一個どっかから出てた。
空冷式だとトラストのGReddy オイルクーラーキットやSARDやHKSからも出てるみたいね。

見た目はやはり、トラスト製の前置きのコアがアピール度は強いね。
たぶん冷却効果もGReddy オイルクーラーキットの方が高いことだろう。
その分、クラッシュ時のリスクは避けられないが。

費用面では、税込み本体価格はさすがにCUSCOが圧勝。
トラスト ¥78,750~¥134,400
CUSCO ¥60,900

ちなみに今回、トウは通販(カー用品TREND)で ¥54,810で入手。

さらに空冷式だとエンジンオイルがノーマル5.2リットルに対して、GReddy オイルクーラーキットを取り付けたなら6.0リットルに増えるというのが、オイル交換の際にじわじわと財布を痛めつけていくことも忘れてはいけない。。

水冷式のオイルクーラーには冬場のオーバークールも避けられるという、負け惜しみにも聞こえるメリットもある。

それぞれのメリットデメリットを検討した結果、CUSCOのヤツで様子を見ることにした。

取り付け方に関して、CUSCOの宣伝文句では簡単と書いてたんで、ETC・油温水温計に引き続きDIYでやることに。

事前にネットで調べると、エンジン奥側の作業で狭くて大変そうなとこがあるようだったので、実車を確認し、ホームセンターで工具を用意しといた。

CUSCO DYI

ギアーテック 工具売り場

いつ行っても、工具売り場はワクワクするよね。

エンジンが熱いと作業できない&気温が暑くても作業できない(汗)
ので、早朝から自宅立体駐車場の横の道路脇にて作業開始。

まずはジャマなエアクリーナーボックスを取り外す。
そしてクーラントを抜くわけだが、、、

ドレンはどこ??実はバンパーの中に隠れていたわけだが、見つけられなかったので、醤油チューチュー×2を切った貼ったしたロンググニャグニャチューチューで地道に吸い出した。
バケツ一杯近くは吸い出せたが、、結果、そこそこコボレタ。。。

BRZエンジン

吸い出したクーラントだが、相当汚かった。。
新車の時点でスラッジ等が結構あるんだと思う。
オイル同様に慣らし後に冷却水も交換したほうがよろしいだろう。

次に、例のエンジン奥側にあるメクラカバー(ATで使ってるらしい)を交換する。
ココのスペースはほんとに狭く、レンチを回す隙間が無いので、事前の情報通り、トウの思った以上に大変だった。。
ここの交換用に用意したギアーテックのショートプレックスと、持ってたボックス&延長ロッド・ユニバーサルジョイント等あれこれと組み合わせを試したが、完全にピシャリとくる組み合わせは無く、最終的に自らの手も犠牲にして交換した(汗)

取り付け手順

擦り傷だらけになったよ。。。

負傷 甲傷

続いて、ラジエターロアーホースにも分岐の配管継ぎ手をかませる。

ラジエターホース

水冷用 アッパーホース取り付け

ここまで来れば、後は簡単だ!!

と安心したのもつかの間、
オイルフィルターの取り付けボルトをも交換しなくてはいけないのだが、、
手持ちの24mmボックスレンチでは深さが足りず交換できなかった。

そこで急遽工具を用意。
段付きのメガネレンチにて、何とか交換。
ただしかかりが浅く、ヒートエクスチェンジャーの締め付けに不安が。。。

オイルフィルターボルト フィルターにかませる

フィルターを取り付け、バイパスするためのクーラントホースも接続。

CUSCO 965 012 AN

油温対策

最後に、エアクリBOXを戻して、クーラント&水を補充して完了。
クーラントのエア抜きは出来たと思っても、しばらく走ると意外とリザーバータンクの中減ってたんで要注意。

CUSCO 86&BRZ 水冷式エンジンオイルクーラー

昼から、AutoCraftさんへスポーツクーラントへの交換・フィルター交換・増し締めをしてもらいに行ってきた。

この油温対策のおかげか、その後の激暑のサーキット走行でも、何とか乗り切れた^^

 

・・・・・・CUSCOのホームページ見てて気付いた。

リニューアルしてるやーーーん!!
【MT&AT対応】86&BRZ水冷式エンジンオイルクーラー リニューアル新発売!(2013.08.09)

エンジン奥側へのルートではなく、ラジエターアッパーホース側へ戻す仕様になってる。
作業めっちゃ楽なってるや~~~ん!!
水温計取付時に使用するセンサー設置用の取付ホールも追加されてるし。
ATの車の人も着けられる。

ホームページには「センターボルトの締め付けに24mmのディープソケットレンチが必要です。」との文言も書いてあった。。

もう今年コレを着ける人はいないだろうけど、来年はと考えてる人は取り付け楽になるね^^
おススメです。

 

PIVOT(ピボット) DUAL GAUGE DXW-R取り付け

PIVOT(ピボット) DUAL GAUGE DXW-R
レッド照明で、トヨタ86(G・RC)・スバルBRZ純正と同系色の水温・油温・吸気温度計。

↓コレ↓

DUAL GAUGE DXW-R

 

86/BRZ専用設計で、エアコンの吹き出し口に付けるんだが、メータの周りから風が出るようになっていて、エアコンの機能も確保されている。

OBD2に接続してデータを読むんで、センサーの取り付けも必要なく、簡単に設置できた。

通販で安く買って自分で取り付けたんだが、さすが専用設計。
取り付けマニュアルもしっかりしているので迷い無く作業できた。

 

PIVOTメーター取り付けマニュアル

運転席右側のカバーとハンドル下のカバーを外し、
ETC(Panasonic CY-ET909KDZ)取り付けを参照)
エアコンの吹き出し口は、後ろから押し出して外す。

86・BRZ吹き出し口外す 86・BRZ吹き出し口

メーターの配線を通す穴は必要なので、ダクト内に小さな穴を加工する必要がる。

マニュアルにはカッター等で・・・と書いてあったが、カッターでは無理だろうと、まずドリルで穴を開けて、カッターで整形した。
でも、実はダクトの素材は意外なほど柔らかく、一からカッターで加工しても出来たと思う。

配線穴

ユニットはハンドル下のカバーの裏に貼り付け、
穴から通した配線とOBD2からの配線を接続。

OBD2接続メーター

ホントめちゃめちゃ簡単でした。
まるで純正品のような出来栄え!

コンピューターから読み込んだ純正センサーのデータだし信頼感もあるしね^^

動作も問題なし。
夏のサーキット走行に大活躍だわ。

86・BRZ水温計・油温計

ETC(Panasonic CY-ET909KDZ)取り付け

6月の話ですが、、、BRZにETC付けました。

付いてなかったんかい、
って話ですが。。。

ブログにアップしようと写真撮りつつやったのに、アップするの面倒で、ほったらかしてたヤツ。
今更ですが、アップします。

まず、ETC本体、
これはネット通販(Nojima Online)で買った。
Panasonic CY-ET909KDZ
価格は5,940円でした。

車検証と運転免許証の写真をメールで送れば、2,100円でセットアップしてくれるんで、自分で取り付けできる人には便利。

 

ではでは、以下、取り付けたときの様子。。。
だいぶ前のことを思い出しながら書いてるんで、取り付け方法の参考までに(汗)

今回は、電源はナビに繋がってるであろう常時電源とアクセサリー電源から分岐。
アンテナはAピラーを通してルームミラーの付け根のフロントガラスに貼り付け。
ETC本体はグローブボックスに収納します。

まずは、Aピラーに仕込んであるエアバックが誤作動して噴火しないようにバッテリーのマイナス端子を初めに外しておく。

BRZバッテリー

続いて、内装を外していきます。
ナビの周りのカバーは、上を支点に下側を親指で引っ張ったら簡単に浮いたんで、後は慎重に引っ張ったら外れた。

BRZナビ内装はずし BRZナビ内装はずし

昔の車は、この辺のダボがキツかったり、劣化して硬くなってたりで失敗すると割れたりしてたけど、、
さすがに新しいだけあって、BRZはどのカバーもそんな不安を感じることなく外せた。

グローブボックスは開けて左下を覗くと、安っぽいリンクが見えるので、コレを外して、後は無理やりはずす(笑)

BRZグローブボックス

ハンドルの下のカバーを外すには、まず横のカバーをはずす。
横カバーはダボで引っかかってるだけなんで、下の穴に何かを突っ込んでそっと引っ張り、浮いたらあとは指を突っ込んで引っぺがす。

横カバー BRZカバー

ハンドル下のカバーは、左下のネジと横カバー内のネジ(だけだったと思う、、)で止まってるんで、それを外して引っ張る。

ハンドル下カバー IMG_8205

中に配線が繋がってるので、外してもイイが、外さなくても作業に支障は無かった。

BRZハンドル下

 

次に電源を探して、ナビのステーの取り付けを外して引っ張り出す。

BRZナビ取り外し BRZナビパナソニック

予備線が無いか探したが、見当たらず、、、
仕方無いので、ナビのBATTERYとACCから割ります。

BATTERYとACC

家にあった、大昔の残骸、大掃除で捨てなくて良かった^^
うまいこと配線やコネクタあったんで、分岐用の配線を作って、ETCの配線とも接続完了。
在り合わせのためコネクターのカバーはいびつだが、ちゃんと止まってるし大丈夫でしょう。

配線工具 分岐配線

ETC配線

当時、暑さで写真撮るのが面倒になってた記憶がよみがえる。

写真は無いけど、本体はグローブボックスの上面に付属の両面テープで貼り付けた。
余った配線は、突っ張ったりしないようにまとめてタイラップで固定。

あっ、
アースは、ナビのアースに共締めした。

残るは、アンテナ。
Aピラーのカバーは引っ張って外す。(説明雑になってきてる汗)
ただし、エアバックが開いたとき用の固定具が知恵の輪になっているので、こいつはぶら下げといたままでOK。
なお、バッテリーを繋いだまま、あるいは外してすぐにココを変に触ると、誤作動するらしいのでご注意を。

BRZAピラーカバー

アンテナを付属の両面テープでフロントガラス上部に貼り付けて、配線を天井カーペットの中に押し込みながら、Aピラーの中を通して、ハンドル下からナビ裏を通してETC本体へ接続。

ナビ裏

後は、バラしたものを元に戻して完成。
後日、何度も高速乗ってますが、快適に作動しています^^

あと、追加メーターと水冷オイルクーラーも取り付けたんで、その様子をアップしようと思ってます。
先は長い。。

=====追記=====
アップしました。
PIVOT(ピボット) DUAL GAUGE DXW-R取り付け
CUSCO 86&BRZ用水冷式エンジンオイルクーラーを取り付けた

日陰で気温40℃

TDSミーティング2013年8月11日inモーターランド鈴鹿

いや~、暑かった、、、、
風通しのイイ日陰にある温度計が、最高40度に達してたらしい。
トウのBRZの外気温表示も43度になってるのを確認した(瀧汗)

朝着いたときから、すでに激暑で、今日もネガキャンをキツくしたわけですが、暑さでアンダーコート的なヤツがドロドロでパンタジャッキがべっとり。。。

 

キャンバー パンタジャッキ

まあ、当然タイムは出るわけもなく、ベストは50.499秒。
この暑さの中、InLap42周/Laps62周 となかなか頑張った方だと思ったが、
中にはInLap62周/Laps85周 も走った猛者も。

タイムは仕方ないので気にせず。。。

今日初めてサーキットを走るという女性以外の86・BRZ 4台のベストラップの差が0.5秒以内という接戦でした。
同じペースで走れる人らと連続周回すると、追い着き追い着かれでやっぱ楽しかった。

リザルト

走行後恒例のじゃんけん大会。
今日はじゃんけんでなく、くじ引きでしたが、
おかげでイイヤツ頂きました^^

DIXCELさんのブレーキフルードです。

DIXCELブレーキフルード

ブレーキホースもメッシュホースにしちゃおうかな^^

なお、気になるエンジンの油温は117℃、水温は95℃でした。
(確認できたかぎりの最高温度)

 

熱中症になるんじゃないかという暑さ&汗だくになり5リットルもの水分を摂取した結果、、、
帰り道もバテてて食欲もなかったが、今日は肉を食いながらビールを飲もうと決めてたので、帰りにパケット寄ってステーキを買ってきた。
(お盆渋滞にハマり、マジでしんどかった。。)

相変わらず食欲はなかったので、おろしポン酢でいただいたわけだが、、、
普通にペロリといけた。。

ステーキ おろしポン酢ステーキ

お風呂上りに体重を測ったら、衝撃の60キロ切りしてた。
まさかです。
恐るべし。。

リザルト掲載

鈴鹿サーキットランミーティングのリザルトがREVSPEEDの9月号に出てた。

リザルト

写真もREVSPEEDのホームページにアップされているようなことを書いてあるが、まだのようです。過去の実績を見ると、1ヶ月から長いと2ヶ月以上かかるようだ。。。

そういえば、以前出張のときに撮影のために貸してたやつも8月号にのってた。
外観ノーマルだし、ホイール換わってるし、トウのであることはわからんが、
ついつい雑誌買ってしまった笑

REVSPEEDBRZ

鈴鹿サーキット2013年7月1日

昨日のREVSPEED走行会in鈴鹿サーキットのオンボード動画。

またしても、ベストタイムの周はバッテリー切れで録画できておらず(涙)

しかたないので、2番目に良かったタイム2分46.697秒の周アップした。

 

20分×4本の走行。
1本目ベスト 2′53.212
空気圧の調整失敗し、即ズルズルに、、
ピットに入って、圧落としてたら終了してもうた。

2本目ベスト 2′47.384
空気圧は温間で2.2に設定。
進入でアンダーがきつく四苦八苦。

お昼休みに、冷やし海老天おろしうどんを食べながら、社長に相談。
フロントのキャンバーをきつくしてみることに。
ゲージないし角度はわからんが、、、

キャンバー調整

3本目ベスト 2′46.697
キャンバー調整が当たり!
タイムは極端に良くなったわけではないが、めちゃ乗りやすくなった。

4本目ベスト 2′46.504
セッティングの変更は無し。

社長には、2′45秒で走れと言われたが届かず(汗)
鈴鹿攻略は程遠い。。。。

この日、外気温見るの忘れた。
夏日ではあったが、日陰に入ればそんな暑くないくらい。

油温が厳しいと評判のBRZですが、前の日に着けた水冷オイルクーラーが効いたのか、120度ちょいまでしか上がらなかった。
水温も90度ちょいで安定してたが、トウが先にオーバーヒート。

この日に向けて、ETCとPIVOTの86&BRZ専用の追加メーター、さらにCUSCOの水冷式エンジンオイルクーラーをつけた。
レポート書こうと写真撮ったのに、放置してます。。