タグ別アーカイブ: 中国

南蛮屏風 made in CHINA

今日から中国出張。ホテル到着。

浦東からの車移動が遠い。。

 

ホテル着いてロビーの絵に目がいった。

日本画みたいなのとか特に興味あったわけではないが、ちょうど昨晩、「プロフェッショナル仕事の流儀」でオークションの人出ててたの見てて、日本画とかたくさん出てたし。

 

たぶん「南蛮屏風 画像」←コレを描きたかったんだろうけど、非常に残念な仕上がりにビビった。。

    

昨年12月にも来たところ。

ご飯は普通の日本居酒屋だ。

 

 

プーアル茶

南昌の空港で食べた「牛肉麺」

静かなとこでゆっくりしたかったし、ちょっとお高めの店に入る。

味は期待してなかったけど、意外と美味しかった。


生姜とかニンニクとかたくさん入ってて、途中から激辛坦々麺でも食べたかってほど汗出てきて困ったが、、

中国には珍しく居心地よかったし、2時間弱の飛行機の待ち時間をココで読書して過ごした。

プーアル茶は少なくなると、店員さんがすかさず煎れてくれて、結局4杯も飲んでもうた。


無事、上海のホテルまで到着。

明日、飛行機の遅れがなければ、いい感じの時間に日本帰れるが。

武漢初上陸

中国の武漢に出張に来ております。

何気に今年初の中国だわ。そして武漢ってとこは初めてきた。

気温は日本と変わらない。空気は終わってるけど。

VPNで接続するのに、筑波のVPNGATE自体が中国の検閲に引っかかったようで接続先を確認できない。。

筑波さんなんとかしてください。
ではでは、朝ご飯食べて行ってきます。

肉まんかと思ったら、中身カスタードやないか。
 

中国から筑波経由なVPN

中国のグレートファイアーウォールの対象にLINEも追加されてしまった。

月曜日にホテルに到着して、初めは普通にWi-Fiで繋がったのに、すぐにダメになり。
ネットで調べると2014年7月からLINEもダメになったらしい。

クソ忌々しい中国政府め!!
そんなに知られては都合の悪い事ばかりか。

しばらくSMSによる連絡で我慢したが、もういやだ。

ついにVPN接続を試みることにした。

できれば無料がいいので、検索してみると、筑波大学がやってる「VPN Gate」がいいらしい。

んで、ページに行こうとするが、どうしても開けない。。

・・・中国では閲覧禁止らしい。。

仕方ないので、一時的にローミングオンしてこのページを開き、アドレスをメモる。
パスワード等は全てvpnで統一されていた。

IMG_1967.PNG

しなくていいのに一度「RSA SecurID」をONするとOFFにしても設定が残るとかで、接続できないので注意。

トウはまんまとハマってたんで、一旦構成自体を削除してから再作成した。

結果、簡単だった〜。
もっと早いことやっといたらよかった。

LINEやFacebookはもちろん、海外では再生できないはずのGyaoまで見れるようになった。

ただし、もとの回線が遅いせいか、映像はモザイク状態ですが笑

IMG_1973.PNG

発酵調味料?

今日は昨晩の裸オヤジの店の隣、エアコンが効いているのが売りの飲食店へ行ってきた。

IMG_1963.JPG

さぞ涼しいんだろうと、中へ入ってみると、、

クサっ

暑いとか涼しいとかじゃなくて臭い。。

よく言うと漬物。

実際には生ゴミが発行したようなニオイに感じるんですけど。

陸さんは構わず注文を始めていたので、こんなもんなんだろう、そのうち慣れるんだろうと思って席に着いてみる。

・・・無理だった。

慣れない
このニオイの中では食事なんて出来ないし。

やっぱり、外の席で食べようと表にテーブルを用意してもらった。

注文を終え、出てきた陸さんは「コノミセチョットクサイネ」って。

やっぱ、クサイんかい!!

瓶ビールを飲みながらの料理を待つ。

暑くて喉もカラカラだったし、一本4元のちょい冷え中国ビールでもうまい。

定番のトマト卵炒めはまあ普通。
不味いこいつには出会ったことはない。

続いて出てきた長芋を炒めたようなやつ。
こいつは不味かった。

IMG_1962.JPG

店の中と同んなじ味や~_~;

小さな一口だったが飲み込んだ瞬間、ダメなやつだったか?って思ったほど。

以後、長芋には手をつけず。

次の、揚げた魚を唐辛子と炒め煮したようなやつは、不味くはなかったんだが、なんだが酸っぱいようなにおいがあり油断は禁物な味や。

そして最後に出てきた茄子。
味は悪くないと思うが、トウの嗅覚が油断するなと過敏に反応したおかげで、結局のところちゃんとした味はよくわからんかったな。

IMG_1964-0.JPG

瓶ビール2本半飲んで、割勘一人600円くらい。

臭い・早い・安い・汚い

ザ・ローカル中華だ。

裸の中華大将

インドの次は中国出張。
贛(ガン)州に来ております。
暑い。。。

あゝ、どうせ暑いならハワイとか行ってみたい。

初日、汗かき過ぎて倒れるかと思ったよ。

二日目の今日は扇風機が登場&雨が降ったので多少マシ。

今日の晩ご飯、元気が出るようにと通訳の陸さんはニラ玉炒めを注文。

他には、サヤエンドウと豚こまの炒め物に空芯菜の炒め煮、そしての瓜系の炒め煮。

瓶ビール2本飲んで、割勘一人500円くらい。

 

IMG_1947.JPG

旨い・早い・安い・汚い
ザ・ローカル中華だ。

ちなみにどれも同じ味付けだった笑

味覇と唐辛子と塩コショウ少々で再現できるだろう。

直の換気扇の前で中華鍋を振り、東寺の王将並みの速さで料理をさばいていくおばさん。

そして半裸で注文を取り、料理を運ぶハゲ親父。

IMG_1940.JPG 

IMG_1932.JPG

裸の大将は、道路の向かいのテーブルまで行ったり来たり。 ご苦労様です。

食べてはいけないものが入ってはいないことを願いつつ、ごちそうさんでした。

IMG_1952.JPG